御社が取ろうとする特許
“保護”だけでなく
“収益”に繋げる方法興味ありませんか?

無料相談はこちら

まずは、こちらをご覧ください。

・特許の“価値を伝えただけ”で、売上アップ
・特許の“価値を伝えただけ”で、年間の売上5%アップ

難しいオリジナルのテクニックや新しい手法は、

“一切不要”!

値切りがすごくて、なかなか利益が上がらない・・・
そんな社長に自社のブランド力、
そして、“稼げる特許”を手に入れる方法をご紹介!
 “稼げる特許”は、今ある国の制度や御社のリソースを利用する“だけ”で見つけ出せます。

無料相談はこちら

初めまして。吉田浩子と申します。

私は、経済産業省が推奨する知的資産経営をベースとし、企業に眠る「特許」のタネを発掘し、その知的財産を活用することで売上に導くコンサルティングを行っております。どうすれば、リスクなし、国の制度を利用するだけで、特許のタネが見つかるのか知っていますか?

 

【吉田浩子 プロフィール】誠営社 代表/知財経営コンサルタント
昼間は自衛官、夜間は学生という生活を経て地方の中小企業メーカーにて工場の設備製品の設計開発を行う。その後、特許事務所にて、大手企業の知財サポート及び中小企業への知財支援を行う。
これまでの経験を活かし、中小企業への知財を活用する経営コンサルティングを開始する。

 

収益に繋がる特許取得のためのステップは3つ

第1のステップ:御社の知的資産(人材、技術、組織力、顧客とのネットワーク、ブランド等の目に見えない資産)の見える化をする。
第2のステップ:見える化した知的資産から自社の差別化ポイント(=顧客に伝える“価値”)を抽出する。
第3のステップ:抽出した“価値”を最大限に活かす特許取得戦略を立案する。

たったこれだけで、収益に繋がる特許が生まれます。

無料相談はこちら

・複数の企業から新製品の共同開発や代理店契約のオファーを獲得した。
・特許取得のシステムに問い合わせがあり、該特許システムをベースとした新しいプロジェクトを開始した。
・大学と共同で特許取得のシステム(当該大学を中心とした地域)の導入が決まった。

これらは“たった1件の特許”で得られた効果です。

こうして儲かる会社を作るためには、

一体どうしたらいいのか?

参考までに次をご覧ください。

・誰かに特許取れるかもって言われたから、とりあえず特許を取ってみる。
・社長の肝いり製品だから、何かあった時のために、とりあえず特許を取っておく。
・良いアイディアを思いついて、他社に模倣されたくないから、とりあえず特許を取っておく。

もし、御社がこれらの取り組みをされているのなら、非常にチャンスです。

 

多くの経営者は、特許取得に際しては、何かあった時のための「保護」のみを目的として取得します。しかしながら、その考え方が実は御社の利益を阻害しているのです。

特許取得には多額の費用が掛かります。その費用を回収しようとすると、「保護」のみを目的とするのではなく、最初から「収益」に繋げる方法を考えて特許取得する必要があります。

御社は、特許を「保護」のみの目的だけで取得しますか?それとも、「収益」に繋げることを目的で取得しますか?

無料相談はこちら

追伸・・・
お客様に対して、御社の“価値”をしっかりと伝えられていますか?

御社の“価値”をしっかりと顧客に伝えることができれば、価格競争に巻き込まれることはありません。

また、単に特許を取得するだけでなく、その“価値”を活かすために特許取得をすることで、価格競争に巻き込まれることなく、長きにわたり利益を生み続けることが可能になります。

 

 

Copyright (C) 2018 誠営社 All Rights Reserved.