• Email: info@seieisha.jp
  • TEL: 090-3831-8279(なるべくメールでのお問い合わせをお願い致します。)
  • 知財で日本のモノづくりをアツくする

Q1.特許事務所とは違うの?

A1.違います。私はあくまで経営コンサルタントとして御社の売上UP・事業拡大をサポートします。その中で、私は「知的財産」という観点から経営をサポート致します。

なお、特許事務所(とっきょじむしょ)とは、弁理士が業として特許、実用新案、意匠、商標など特許庁における手続あるいは経済産業大臣に対する手続を行うための業務を処理するために開設する事務所です(wikipediaより抜粋)。

私は弁理士ではありませんので、御社の代理をすることはできません。また代行して書面の作成をすることもできません。そのため、権利化に際しては御社ご自身で手続きを行うか、特許事務所を利用してもらいます。ただ、必ずしも権利化が必要とは思っておりませんので、とにかく費用を抑えて権利化したい場合もご利用ください。

 

Q2.とりあえず、「事業価値を高める経営レポート」だけ欲しいけど、もらえる?

A2.OKです。その場合、10万円~となります。

一度作成した後にコンサルティングのご依頼頂く場合、3カ月以内でしたら、追加の作成は不要でコンサルティングを開始致します。

※コンサルティング料は別途見積を提出いたします。

 

Q3.特許の手続が面倒だから代行してほしい

A3.お受けできません。私は弁理士ではないため、手続きや書面作成の代理・代行は一切できません。

※弁理士又は特許業務法人でない者は、又はこれに類似の名称を用いてはならない(弁理士法76条1項。罰則:同81条、100万円以下の罰金)(wikipediaより抜粋)。

 

Q4.うちには特許取れるだけの技術なんてないから関係ないよね?

A4.そんなことはありません。たいていの製造業には特許となり得る技術は存在しています。

よく、「そんなのが特許になるんですか!?」と言われます。メーカーで設計開発を経験し、かつ特許事務所で実務を経験しているからこそ、御社の技術で特許となり得る部分を見つけることができるのです。

 

Q5.特許取らないとダメなの?

必ずしも特許を取得する必要はありません。特許取得には多額の費用が必要になります。そのため、権利化が必要と思われる場合には、その説明をさせて頂きます。そして、納得がいかない場合には権利化しない方向でコンサルティングを行います。

 

Q6.他の経営コンサルタントと何が違うの?

私は、組織とは「人」であると考えています。

その「人」を資産としてとらえる「知的資産」及びその「人」から生み出される「知的財産」を経営に活かしていくという点が他の経営コンサルタントとは違います。